Category: Stripe

Stripeから送信されるメールをユーザーに合わせた言語にする

いつから可能なったのか不明ですが、Stripeでカスタマー情報を更新することで自動送信するメールの言語を変更できるようすです。 日本語に設定すると、請求・領収メールの文面などが日本語化されます。 Node.jsで実行する […]

Stripeで請求内容(Invoice)を更新する

案外整理できてなかったので、自分で振り返るのも兼ねて。 目次 1: Finalizedすると更新できないデータが有る2: Descriptionは請求書・領収書に記載される3: Custom Fieldsは請求・領収書右 […]

Stripeでカスタマーが特定のPlanをSubscribeしているか否かを判定する (Node.js)

例えば「無料プランは1ユーザー1つだけしか契約できない」とかしたいですよね。 そういう時、Stripeではsubscriptions.listのAPIを利用して特定のプランをSubscribeしているか否かを見ることがで […]

Stripe Billingsの解約まわりについての覚書

Billingで一番触りたくなくて、適当にすると一番もめる箇所。それが解約まわりですね。 目次 通常のプランについて期末でのキャンセル方法キャンセルのキャンセル方法従量課金系についてSubscriptionItemsでの […]

Stripe Billingの従量課金をNode.js (TypeScript)で実装する

Stripe Billingではクラウドサービスのような「使った分だけ請求する」従量課金が作れます。「ユーザー1人につき100円」のようなこともできます。 今回はNode.js(TypeScript)でこのあたりの諸々を […]

Stripe SDKでBillingの今月末期限の請求をリストアップする

今月請求される内容をリストアップしてSlackなどに投げたいので、ざっとピックアップ系の処理をあらいました。 コード invoices.listの引数にdue_dateを渡すことで指定期間のinvoiceだけ引っ張れます […]

新しいStripe Checkout(Beta)を試す

これまでのStripe Checkoutは、サーバー側の実装も必要でした。その関係で手軽に埋め込むにはちょっとハードルが高いかなぁと思っていたのですが、まさかのクライアントオンリー版が登場した様子です。 目次 はじめる商 […]

Stripeで多通貨を扱うときの注意点(定期購入版)

1つのStripeアカウントで複数の通貨を扱えるので、subscribeするプランのIDを変えるだけで多通貨決済に対応できるのが便利です。 ただ、1つカスタマーに複数の通貨のsubscriptionを設定することはできな […]

StripeのSubscription(定額課金)で、プラン変更時の差額計算をNode.jsでやる

Stripeを使って定額課金なサービスを作っているときに地味に便利なのが、この「差額計算」機能です。 目次 差額ってどういうこと?「差額の計算」を事前にやる変更後の翌月請求額を確認するコード(Node.js)さいごに 差 […]

#JP_Stripes WooCommerceでStripe決済を設定する方法覚書

昨日神戸で開催されたJP_Stripes (Stripe ユーザーグループ)in KOBE キックオフにて、「WooCommerceだとStripe導入簡単!」という話があったので、実際にやってみました。 WordPre […]