Elasticsearchを無料で試すor利用する

この記事はElastic stack (Elasticsearch) Advent Calendar 2016の記事です。

Elasticsearch、使ってますか?
この間「使ってみようと思ったけど、なにからはじめたら良いかわからなくて・・・」という話を聞いたので、「とりあえず試すならこのへんじゃね?」というのをさっとまとめてみました。

Elastic Cloud

まぁ鉄板ですね。リリース元のElastic社がSaaSとして提供しているElasticsearch環境です。

通常料金だと$45/monthからの様子ですが、14日間の無料トライアルがあります。
Elastic Cloudトライアル

トライアル期間中はクレジットカードの登録も不要ですので、短期間で何かをテストしたい場合や「とりあえず触ってみたい!」というときに良さそうです。

課金体系やリージョン配置を見る限り、AWSインフラを利用しているっぽいですね。

Amazon Elasticsearch Service(AES)

AWSが提供するElasticsearchのSaaSです。
無料枠としてt2.micro.elasticsearchインスタンスが750時間/月設定されていますので、Elastic Cloudより長期間試すことができます。
Amazon Elasticsearch インスタンスの料金
ただし現時点では5系統には対応してません。

AWS SDKやAWS-CLIからの操作やCloudFormationでの構成管理ができますので、コードベースで管理したい時にはこちらを使うと良いかもです。

どっちを使うべき?

知らんがな
1年くらい腰を据えていろいろ試したいならAESをオススメします。無料期間がこっちの方が長いですし。
ただ、最新版のElasticsearchが使えるとは限らないとかAWSの中の人次第のところが強いので、「最新版試したいんや!」とか「運用サポートほしいなぁ」という場合にはElastic Cloudの方を使ったほうがいいかなと思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です