Shopify App CLIでShopifyアプリをセットアップ

そろそろ覚えないとなと思ったので、まずはインストールから。

macOSならHomebrewからCLIをインストール

ドキュメントにOS毎のインストール方法が紹介されています。今回はmacOSなので、Homebrew経由でインストールしました。

$ brew tap shopify/shopify
$ brew install shopify-cli

...
==> Caveats
 ==> git
 The Tcl/Tk GUIs (e.g. gitk, git-gui) are now in the git-gui formula.
 zsh completions and functions have been installed to:
   /usr/local/share/zsh/site-functions
 Emacs Lisp files have been installed to:
   /usr/local/share/emacs/site-lisp/git

初回実行時は「匿名レポートの許可」を求められる

初めてshopifyコマンドを実行した時のみ、「利用データを匿名で送信して良いか(意訳)?」と聞かれます。YesでもNoでも挙動は変わらない(はず)なので、お好きな方を選びましょう。

% shopify version  
 ? Would you like to enable anonymous usage reporting?
 If you select “Yes”, we’ll collect data about which commands you use and which errors you encounter.
 Sharing this anonymous data helps Shopify improve this tool.
  (Choose with ↑ ↓ ⏎)
      yes
   no    

自分はyesと回答しましたが、2回目以降は表示されなくなりました。

% shopify version
 1.5.0

helpコマンドでできることを見てみる

新しいCLIですので、とりあえずhelpを実行してみましょう。

% shopify help
 Use shopify help  to display detailed information about a specific command.
 Available core commands:

 connect: Connect (or re-connect) an existing project to a Shopify partner organization and/or a store. Creates or updates the .env file, and creates the .shopify-cli.yml file.
   Usage: shopify connect

 create: Create a new project.
   Usage: shopify create [ node | rails ]

 logout: Log out of a currently authenticated partner organization and store, or clear invalid credentials
   Usage: shopify logout

 version: Prints version number.
   Usage: shopify version

ざっと読む限り、このような理解で良さそうかなと思います。

  • connect: 作成済みのShopifyパートナーアカウントまたはストアと接続する。(.envや.shopify-cli.ymlでも設定できる・・・?)
  • create: Shopifyプロジェクトを作成できる(Nodejs / Railsの2択)
  • logout: connectで接続したアカウント / ストアからログアウトする
  • version: バージョン情報を出す
Comment