Alexa DayでCloud Quiz Gameを紹介してきました

Alexa Day 2018

参加してきました。寝坊してほんとすみません。

参加したセッション

MCやSNSでのツイート係として何本かセッション参加してきました。

  • Alexa Skills Kitでプロダクトの可能性を広げる
  • ハードウェアビジネス側から見た音声認識家電の現状とこれから
  • パルコ様事例にみるAlexaとデジタルサイネージを連携する方法
  • How do we connect VUI to the real services using serverless

参加したセッションの内容については、Twitterにかなりつぶやいた&Toggetterまとめが既にありますので、ぜひそちらを見てみてください。全般的に、実際にコードを書く前の段階の重要性の話が多かったかなという印象があります。

「自然な会話になるように、実際に会話をしてみる」「操作パネルとユーザーの距離によってVUI向きかそうでないかが決まってくる」「会話の状態(ステート)をいかに設計するか」「表記ゆれ・略語や聞き取り精度にあわせたバックエンド実装」などなどですね。

UI / UXやマーケティングの方面で「カスタマージャーニーマップの作成」や「ペルソナを決めてシナリオを考える」という話がありますが、画面への依存度が低くなる分VUIではよりこの辺りの手順の重要性が高くなりそうです。

クラウドクイズゲームのお披露目

実はこのスキル、肝心のAWSカルタが手元にないという問題のために実は本番未稼働でした。この日八戸の立花さんからカルタを貸して頂くことが出来たので、ようやくコミュニティイベントお披露目しました。

カルタの枚数めっちゃ多い

クイズモードの豪快なバグを含め、実稼働してみてわかったことがかなりありましたので、JAWS Daysまでにもろもろアップデートしたいなと思います。

Alexa Skill Contestに挑戦

Alexaの可能性を発掘するスキルコンテストがありましたので、クラウドクイズゲームで応募してきました。

photo by 五十嵐さん@Digitalcube

当日のスライドはこちら。

https://speakerdeck.com/hideokamoto/alexa-aws-karuta

英語でも使える(というか英語版を先にリリースした)ので、国内外のコミュニティでいろんな人に使ってもらえたら良いなーと思ってその辺も紹介してました。結果韓国から来られていた方に「使ってみる」と言ってもらえたのでかなり満足してます。

なお、コンテスト自体はTOP3に入ることはできませんでした。赤ちゃんのお世話をする際に使えるスキルに指定した電話番号に救難コールを出せるスキル、物理ボタンやリマインダー機能を活用したスキルなど、「これは勝てねぇ・・・」と聞きながら思ってました。

最後に

懇親会で最近JAWS-UG神戸に積極的に参加してくれている子を色んな人に紹介してまわったり、別件で進めているイベントへの声掛けをやったりとこの他にもかなりいろいろなイベントがありました。

Podcast収録風景

「スキル作るぞー」とか「Echo欲しくなった」という声がちょくちょく出てきていたので、これからAlexaまわりはもっと盛り上がってくるだろうなぁと思います。

あとはこれですね。

https://twitter.com/TomookaKenji/status/962605431926415360

この機会にはじめてみるだけでも、まだ先行者優位はとれる分野かなと思うので、ぜひみなさんスキル作成・公開にチャレンジしてみてください。

新快速か阪急でいける範囲であれば、ワークショップイベントをやることもできると思いますので٩( ‘ω’ )و

Comment