Category: Products

LambdaのRuntimeバージョンとか調べるのがめんどくさくてCLIツールにした話

Nodejs6.10のEOLが発表されました。Lambda@edgeが6.10しか使えなかった時期があり、切り替え大変な人は少なからずいるのかなと思います。 で、対象のfunctionsを調べる場合、NextTokenを […]

[aws-api-responsebuilder] API Gatewayのレスポンスを作るライブラリを公開しました

Serverless FrameworkやSAMでAPI Gateway + LambdaのAPIを作るとき、だいたいレスポンスをこんな感じで作ります。 このオブジェクトを毎回作るのがめんどくさくなってきたので、ビルダー […]

[stripe-utils Version1.1.1] Stripeのdecline codeをマッピングする機能をアップデートしました

Stripeのdecline codeから、公式ドキュメントにある説明文を取得するメソッドをstripe-utilsという名前のライブラリでリリースしています。 目次 使い方できることできなかったことVersion1.1 […]

[ses-builder] Amazon SESのリクエストパラメーターを作るだけのライブラリを作った話

システムからSES経由でメールを出すことがちょいちょいあるのですが、毎回大きなオブジェクトを作るのが嫌になってきたので、ビルダー作りました。 これをif分岐とかしながら作るのはさすがにつらい。 使い方 AWS SDKを使 […]

[cran-push] Dynamic Importのchunkファイルを除外するようにしました

CRA (Create React App)でDynamic Importの導入を進めているのですが、cran-pushで作った_headersがえらいことになっていたので修正しました。 v0.0系での出力 Dynami […]

[cran-push]Create React Appで作ったSPAをNetlifyでHTTP2 Server PushできるようにするCLIツールを公開しました

2019年1つ目のプロダクトもやはりニッチな俺得案件でした。 Netlifyでは_headersというファイルを使うことで、HTTP2 Server Pushを実現できます。 HTTP/2 Server Push on […]

ask-sdkをもっと手軽に使いたかったので、ask-utilsというライブラリを作りました

いろいろ触っていると、汎用的に使いたい処理が増えてきましたので、パッケージ化してみました。 目次 やりたかったこと作ったものインストール方法ask-utilsでできることそのほかコードサンプルバグ・不具合報告など やりた […]

C3 CloudFront Cache Controllerのリトライ処理を停止する

予約投稿などで同時に大量の記事を公開した場合、CloudFrontのAPIでスロットリングされることがあります。そのためこのプラグインでは、最初のリクエストから5分の間に公開された記事については5分後にまとめて処理をする […]

Alexa DayでCloud Quiz Gameを紹介してきました

参加してきました。寝坊してほんとすみません。 目次 参加したセッションクラウドクイズゲームのお披露目Alexa Skill Contestに挑戦最後に 参加したセッション MCやSNSでのツイート係として何本かセッション […]

Alexa クラウドクイズゲーム スキルを公開しました

AlexaでAWSカルタを遊べるスキル、クラウドクイズゲームスキルを公開しました 目次 AWSカルタとはAWSカルタを紹介している記事などクラウドクイズスキルでできることAWSカルタの読み手をやってくれる「カルタモード」 […]