Category: Stripe

Stripe SDK(nodejs)でThrowされるErrorを自力でthrowする

なにいってるかわかんないかもですが、伝わる人には伝わるかなと。 やりたいこと Stripe SDK経由でなにかしらのデータを取得したい が、「特定の条件に合致しないもの」は、「取得しなかった扱い」にしたい 後続処理では「 […]

Stripeコードスニペット: customer idからデフォルトの支払い方法のデータを取得する

そのStripe Customerのデフォルト支払い方法のデータを引っ張ってくるコードです。 簡単な説明 customers.retrieveをTypeScriptで使うときは、DeletedCustomer型に注意する […]

Stripeの商品・プラン・価格をGatsbyで取得する

この記事は、「JP_Stripes Advent Calendar 2020」および「Jamstackその2 Advent Calendar 2020」2日目です。 SaaSなどでは、提供しているサービスの価格やプランご […]

Stripe Billingのカスタマーポータルを利用する #JP_Stripes

この記事は、JP_Stripes Advent Calendar 2020の初日記事です。 Stripe Billingを利用する場合どうしても以下のような実装を自前で行う必要がありました。 支払い方法の登録・削除 Su […]

StripeのWebhookで署名チェックを行う(Node.js)

この記事はJP_Stripesアドベントカレンダーの記事です。 StripeのWebhookとして作成したAPIを、StripeのWebhook以外から実行できない様にする実装をNode.jsで行います。 目次 なぜ署名 […]

AWSでStripe (TypeScript)を扱う時にやっておくとよいこと

これはStripeアドベントカレンダーの記事です。 Stripeの処理系統は原則サーバー側で実行されます。そうなるとAWSであれば、だいたいLambda + API Gatewayを使うことになります。 この場合に意識し […]

StripeのSubscriptionをまとめて作り直すコード

請求サイクルを変更する必要が出てきたのですが、Stripeではアクティブなsubscriptionの請求サイクルを更新することはできません。 まぁ、ユーザーからしたら当然のことですが。 ただ、開発環境だとたまにこのあたり […]

Stripeから送信されるメールをユーザーに合わせた言語にする

いつから可能なったのか不明ですが、Stripeでカスタマー情報を更新することで自動送信するメールの言語を変更できるようすです。 日本語に設定すると、請求・領収メールの文面などが日本語化されます。 Node.jsで実行する […]

Stripeで請求内容(Invoice)を更新する

案外整理できてなかったので、自分で振り返るのも兼ねて。 目次 1: Finalizedすると更新できないデータが有る2: Descriptionは請求書・領収書に記載される3: Custom Fieldsは請求・領収書右 […]

Stripeでカスタマーが特定のPlanをSubscribeしているか否かを判定する (Node.js)

例えば「無料プランは1ユーザー1つだけしか契約できない」とかしたいですよね。 そういう時、Stripeではsubscriptions.listのAPIを利用して特定のプランをSubscribeしているか否かを見ることがで […]